大きくする 標準 小さくする
トップ >>  活動レポート >>  活動レポート-愛知県立豊丘高校 男子テニス部

[ 活動レポート ]愛知県立豊丘高校 男子テニス部

この日も真夏の太陽がギラギラ照りつける中、午前は1年生中心に、午後は2年生中心で練習しました。

日時 2010年8月6日
訪問校 愛知県立豊丘高校 男子テニス部

愛知県立豊丘(ゆたかがおか)高校の男子テニス部訪問

愛知県豊橋市にある県立豊丘(ゆたかがおか)高校の男子テニス部でボランティアレッスンを行いました。
この日も真夏の太陽がギラギラ照りつける中、午前は1年生中心に、午後は2年生中心で練習。


全体を通して

report_100806_01.jpg

豊丘高校男子テニス部の上位の選手は、中学生の頃軟式テニスを頑張っていた人が多いので、全体的に軟式テニス特有のゆったりしたテイクバックと、低い打点のストロークを中心にしたテニスで行われていました。この打ち方は、しっかり下がって後ろから繋ぐショットには適していますが、コート内に踏みこんでネットプレーに繋げる攻撃は難しいです。

レッスンでもやったように、チャンスの時には前足を使って踏み込み、前にボールを迎えに行く練習を続けて下さい。 まだラリーがなかなか続かない1年生は、まずはラリーを続ける楽しさを是非とも 感じてもらいたいので、これもまたミニラリーを活用してみてください。


サーブ上達のために

サーブは動画を観てもらえると分かるように、全体的に正面向きになってしまう事と打点が低くなってしまう事が多いようです。
横向きを維持するためには、グリップを変える必要がありますし、打点は軽く背伸びするかジャンプしないと届かないくらいの位置を自分で意識して、その場所にしっかりとトスを正確にあげられるように練習して下さい。
サーブの時に背伸びしたり、ジャンプしたり出来れば、その反動でラケットスウィングは速くなりよりシャープにスウィング出来ますよ。


今後の目標

豊丘高校男子テニス部の今後の目標としては

  • 上位の人達が、繋ぎストローク、攻撃ストローク、ネットプレーの流れでプレー出来るようにすること
  • 元軟式出身者のが多い場合は、ダブルスボレーが有利なので、ダブルスパターン作りに活かすこと
  • 部活上位の選手達が、自分達のテニスを分かりやすく1年生を中心にした下のグループに指導できるようにすること


動画レポート:豊丘高校男子テニス部 ストローク編

練習の様子がよくわかる動画レポート※音が出ます。

動画レポート:豊丘高校男子テニス部 サーブ編

練習の様子がよくわかる動画レポート※音が出ます。

今回の訪問レッスンが、更に豊丘高校テニス部のレベルアップに繋がってくれると嬉しいですね。
また次に訪問する時まで、頑張って練習して下さい。
顧問の日比先生、どうもありがとうございました。