大きくする 標準 小さくする
トップ >>  てにすまん 高西ともからのメッセージブログ >>  試合に出続けながら苦しもう

てにすまん 高西ともブログ

試合に出続けながら苦しもう [過去の思い出]

投稿日時:2014/01/08(水) 11:09rss

スペインのバルセロナで練習していた時、月に3大会ほどの
ペースで大会に出場していた。
いや、正確に言うと、月3大会出場させられていた。
毎週毎週、どこかで大会が開かれていたんだけど、コーチが
勝手に申し込んでしまうので、休みが明けた月曜の朝、
送迎バスがアカデミーに着いたと同時に
「トモ、お前は今から試合だ!」とコーチの車に乗り換えさせられる。
「聞いてないよ!!」なんて言っても、
「お前はテニス選手だろ?試合に出ないと!!」
と請け合ってはくれない。
 
初めてスペインに行った24歳の頃は、そうやって大会に
出場して、しかも殆ど一回戦負けで終わっていた。
試合に出場するとアカデミーで行われるハードな練習は
しなくて済むんだけど、知らない土地に行って敗北する
空しさを考えると、慣れたアカデミーでゼーゼーハーハー
苦しみながらも練習している方がずっと気が楽だった。
だから毎週月曜の朝に駐車場でコーチに「トーモー!!!」と
呼ばれるのが本当に辛かった。
 
金銭的にも余裕はなかったので、エントリー代を払うのも
苦痛だった。
日本の大会よりかはずっと安くて良心的な金額ではあったが
それが一回戦敗北となると1試合分の金額となるのである。
「断る方法は無いかな」って思ったりした。
今のレベルじゃ勝てない。
もっと上達してから出るべきなのでは・・・と思いながらも
結局は出続けた。
 
出続けるうちによく試合会場で見掛ける選手が増えて来た。
同じ相手に2回も3回も当たったこともある。
そうなるとまた会場で会うと「元気?」って挨拶し合う。
ほぼ毎週やっているその大会はモンティーツアーという
トーナメントなんだけど、そのディレクターの太っちょの
おじさんとも仲良くなって「トモ!!」って元気に
呼びかけてくれた。
日本人選手の中ではモンティーツアーだからモンちゃんって
呼んでいたんだけど、彼がその大会を手際良く運営している
姿は観ていてなんだか心地よかった。
相変わらず勝てないまま半年が過ぎたけど、その頃には大会に
出るべきかどうか・・・ってことは疑問に思わず、なんで
俺は勝てないんだってことと純粋に向き合うことが出来ていた。
 
半年過ぎてから徐々に一つ二つ勝てるようになった。
更に勝ち上がるとシード選手との対戦もあり、そうすると
ATPポイントを持った選手と戦ったりするし、それをきっかけに
仲良くなれたりもする。
試合会場に行っても、同じアカデミーの選手やコーチ以外の
人達ともコミュニケーションを取ることが出来るようになった。
 
27歳の時、2年ぶりにまたスペインでトレーニングを行った。
同じアカデミーに所属したんだけど、今度は日本人選手がなんと
10人以上も在籍。
そんな彼らと一緒に過ごしたんだけど、2年経ったその時も
変わらず月曜の朝は多くの選手達が勝手に試合をエントリーされて
大会へ駆り出されていた。
「僕は試合には出場したくない!」
中にはそうやってコーチに直談判している日本人の選手もいたんだけど
なるほど、そう言っている選手は勝てずに苦しんでいて
尚かつ金銭的にも厳しそうな選手だった。
 
その選手は、まだ大会会場よりアカデミーの方が自分の居場所と
思っているんだろうね。
エントリー代はたった1試合分の料金って思ってるんだろうね。
練習場所は単なる練習の場所であって、テニス選手は大会会場にこそ
自分の居場所と感じなければならない。
エントリー代だってケチるんじゃない!!!
なんて、その選手を観て思ったんだけど、結局俺も半年以上は
そう思えるまで掛かったわけだからエラそうなことは言えない。
もちろんコーチ達も
「試合に出場したくないと言うのなら、このアカデミーで練習を
させるわけにもいかないよ」と言って、その選手にピシャリと
言い放っていた。
やっぱり試合に出続けることだよ、それだけは間違いない。
皆、試合に出続けながら苦しもう。

トラックバック一覧

<< 2017年7月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31