大きくする 標準 小さくする

てにすまん 高西ともブログ 2013/9

rss

バレーボールをやってみました

[メンタル] 投稿日時:2013/09/25(水) 10:00

つい最近の話。
とあるテニス合宿で大雨が降って体育館に移動。
そこで「バレーボールやろっか!?」という話になり、
皆でネットを張ってバレーボールを楽しんだ。
バレーボールの経験は、中学、高校の授業でやった以来かな。
 
でも実は小学校の頃、バレーボールやっていた
いとこの試合に人数が足りないということで助っ人で
出場した経験あり。
とにかくサッカーも小学校から中学校までやっていたし、
バスケ、バレーボールという球技の類いは同じ球技である
プロテニス選手としては負けられないでしょ・・・と思っていた。
俺が皆よりも活躍しちゃうかも・・・なんてことまで思っていたよ。
そんなヒーロー気取りの俺はこの後自分がどうなるかなんて
全然想像もしていなかったのだ。
 
そして試合が始まって数分でそんな「活躍するかも」って気分は
崩れ去ったのだった。
最初にやらかしたのは、飛んで来た相手サーブ(もちろん相手も素人)を
「はーい!」と軽く受けようとレシーブしたのが全然違う方向へ
飛んで行ってしまったミス。
今思うと恐らくこれは単なるミスだったんだろう。
ちゃんと腰を落としてボールの真後ろへ入ってレシーブすれば
良かったんだと思う。
でも深く考えないで甘く見ていた俺は、ここで続けて同じような
ミスをしてしまう・・・。
この無反省状態でのミスが問題だった。
そのミスが大きく心に響いてしまい、とんでもない気持ちが
芽生え始めてしまったのがマズかった。
それは、「俺はバレーボールが出来ない人って思われてる」
という焦りの気持ち。
当初想定していた「ヒーロー」とは真逆の「ダメな人」という
結果にオロオロしてしまう。
 
そうなると今度は、そのミスを取り返そうとする「余計な動き」が
出始め、それによって又更にミスを重ねるとその次は
「またミスするかも」という「自己不信」に陥ってボールをついつい
避けるようになる・・・という状況に移行して行った。
そこまで心理状態が落ちるとこんな気持ちが新たに湧いて来た。
それは「恥ずかしい」という気持ち。
レシーブミスも多いしサーブも無様で一向に活躍しないどころか
皆の足を引っ張っている・・・というキャラクターでいる自分が
恥ずかしいと感じ始めたのだ。
そう思い始めるとバレーボールが楽しいとか、仲間と皆で一緒に
スポーツをしている楽しみを全く感じられなくなってしまう状態に
なり、極端に言うと皆と一緒にいたくなくて一人になりたいって感じ。
 
ま、何とか次の試合の時には心入れ替えて無難にレシーブして
無難にサーブも入れて活躍はしないものの、チームの一員として
皆で楽しめるバレーボールが出来たけど、1試合目の酷さは
周りの皆にも自分にも衝撃的でかなり気持ちは引きずってしまった。
では何が問題だったのか・・・と分析すると、もちろん技術的な
ことはもちろんなんだけど、それ以外の精神的な部分で考えてみると
大きな問題点は2つあったと思われる。
それは「自分の現状を理解していなかった」ということと
「チームの勝利を優先しなかった」ということ。
 
過去、小学校、中学校、高校の頃の元気で動き回れる自分の
イメージで臨んでしまったのもマズかったけど、最初のミスの後に
「そんなはずはない」と現状から目を逸らしていたために
出来ない自分を受け入れられなかったがそもそも間違い。
「活躍出来るかもしれないけど、最悪の状態も想定するという幅の
ある自分をイメージして試合に臨む」・・・これが正解だったのだ。
「チームの勝利」を優先しないで「俺はヒーロー」って期待して
スタートしたのも、ミス直後の反省を忘れてしまった要因だし
更なるミスを生んだのだ。
「ミスする自分が恥ずかしい」と思ったのも、勝手にハードルを
上げて自分を持ち上げていたからだよね。
現状を冷静に分析することと、下手でもチームのために何が
出来るのかがちゃんと分かっていればアタフタすることも
少なかったと思われる。
 
テニスのレッスンの中でラケットを大振りしている生徒を見付けると
「ボールってしっかり打たないと飛ばないって思ってません?」って
声を掛けることがある。
焦っている人って、「振らなきゃ飛ばない」って思っているからね。
でも同じようにバレーボールで焦りがピークにあった時の俺は、
サーブを打つ時、そのボールがまるでボーリング玉のような
全く飛ばない物体に思えたよ。
結果はその通りホントのボーリング玉のように転がっていった。
あの瞬間は顔から火が出るくらい恥ずかしかったけど、自分の頭が
精神状態によって、そこまで働かなくなるのかって驚きもあった。
 
ま、一応心理状態の変化の流れを表すために心情をちょっと大げさに
書いたけど、実際は終止楽しくバレーボールはやりましたよ。
でも今回、気持ちの立て直しには慣れていると思っていた自分が
こうも堕ちて行ったのは、テニスをしている時の自分は自分自身に
相当信じてもらえているのだと思った。
テニスはどんなにダメでも冷静に自分を立て直す術を探すし
期待を最後まで持ち続ける。
でも今回のバレーボールはダメだったね。
自分自身に期待ばかりしておいて、ダメだと
「またミスするんじゃないの?」って思ってしまうし
挙げ句の果てに自分が自分の姿を「恥ずかしい」なんて
思ってしまうんだから。
また次、バレーボールやる時は心してやらないとね。
でも・・・皆に内緒でちょっと練習もしておこうっと。

お調子者へ

[考え方] 投稿日時:2013/09/09(月) 14:45

手応えはあるんだけどポイントが取れない。
悪くなかったのに勝てなかった。
そういう時ってあるよね。
調子が良くなかった、プレーがイマイチだったと
いうのなら反省するし、修正もしやすい。
だけど、調子は悪くない、やっていることも
おおよそ出来ていた・・・となると、自分の何を
変えて行けば良いのか分からなくなる。
 
そういう人にありがちなのは、ワンパターンなプレー
なんだよね。
「今日はフォアハンドストロークが凄い調子良い!!」
そう思っていたら、当然相手も
「今日、相手のフォアハンドが調子良さそうだ・・・」って
警戒するわけだから、最初にフォアハンドでポイント取れたと
しても相手は威力もコースも読んで警戒している以上
なかなか同じパターンでポイントを取り続けて「勝利」まで
辿り着くのは難しいんだよ。
よっぽど相手を圧倒出来るショット持っているか、相手の
学習能力が無い場合は別だけど、やっぱり調子良いからって
調子に乗って同じことを繰り返すプレーは考えないといけない。
 
じゃあ「今日このショットが調子良い」って感じた人は
どうすればいいのだろう。
パターンは色々あるけど、その調子の良さで自分の持っている
一番速いスピードと得意なコースを早々に覚えられている
可能性があるので、まず、例えばフォアハンドが調子良いのであれば
フォアでゆっくりのショットを打つ機会を増やして、タイミングを
狂わせたり、速いショットのリズムを忘れさせることが必要。
もちろん得意なコースを忘れさせることもやっておかないとね。
平凡なコースに淡々と打って長いラリーを続ける・・・なんて
プレーは相手に平凡なショットのスピードとコースをイメージさせる
絶好の機会となるのだよ。
 
そうすることで相手は、こっちが今日調子の良いフォアハンドを
次に打つ時の警戒を緩めてしまうから、また使用した時の効果も
期待出来るというわけだ。
でもなかなかそう上手く行くばかりじゃない。
やっぱり相手は心のどこかで覚えていて、フォアハンドの得意な
コースや最高のスピードを急に混ぜたとしても、ちゃんと
対応してくることがある。
レベルが上がって相手の学習能力や対応力が上がってくると
こういう相手が常となってくる。
そういう場合、その調子のいい得意ショットは「決め」のショット
ではなく、「崩す」ショットになるのだ。
 
試合開始直後はこちらのショットを知らない相手から、
得意ショットで決めることが出来ていた。
でも相手はそれを学習してスピードやコースを読んで
「何とか返そう」と対応してくるようになる。
でもそれで返球出来るようになったとしても、良いショットには
変わりないので、返すだけ・・・だったりするんだよね。
ということは、その返球してくるショットを次に狙って
いればいいってことだ。
 
例えば先ほどのフォアハンドストロークが調子良い
人は、序盤フォアハンドだけで決めていたのを後半は
フォアハンドを打った後にネットへ出てボレーで狙うとか
ドロップショットが得意な人は、ドロップショット&ロブの
組み合わせにするとか、ビッグサーバーの人は
サーブ&フォアハンドの打ち込みにする・・・って感じだね。
そして、この「得意ショット+α」が出来上がると、相手は
得意ショットの対応がより厳しく求められるから、そこから
「ミス」というものが生まれやすくなるんだよ。
その展開になると楽にポイントが取りやすくなる。
 
テニスは最後の1ポイント以外は「次がある」スポーツ。
調子がいい、手応えがある・・・と思っても、それなら相手は
どう対処してくるのかを考えないといけない。
試合を振り返るコメントも「調子良かったけど負けちゃった」とか
「自分のやりたい方向は合っていたんだけど」なんてことを
毎回言っているようだとダメだよ。
「調子良かったけど、相手がこう対応してきたから、それに
対してこういうことをしてやった。」
ってここまで言える人じゃないと勝利に繋がらない。
調子良いだけじゃ勝負は勝てない。
単なるお調子者にならないようにね。