大きくする 標準 小さくする

てにすまん 高西ともブログ

直感テニス [考え方]

投稿日時:2014/10/01(水) 07:35rss

直感を信用するようにしている。
例えば、サーブを打とうと構えた時、その場面で
それをどのコースにどういったサーブで打つのか
最初の思い付いた事をそのまま採用する。
ま、直感というより、考え過ぎないと言った方が
良いのかな。
 
出来るだけこういった直感的な最初の思い付きを採用する
ようにすることで、得られるのは自分への信頼なんだよね。
これが「ん?本当にそれで大丈夫?」なんて思い付いた自分に
対して疑い始めると、そこから不安が広がり始めるし、
どんどん自分に対して疑心暗鬼になっていく。
だってそもそも「絶対」なんてことは無いんだから、どれかを
信じておかないといけないんだけど、そうなると自分の
最初に感じた感覚を大事にすることが重要でしょう。
 
ただし、これが外れる場合もあるわけ。
最初に感じたことを採用した事で、浅はかな考えで
プレーしてしまったり、感情に流されたりする危険性も
出てくるんだよ。
 
でもそこで
「簡単に決めないで、じっくり考えるようにしよう」
なんて作戦に変更してしまうのはマズいんだよね。
大事な事は、やっぱり最初に思い付く感覚であって
その最初の感じ方を信じる習慣を付ける事と、
その最初の感じの精度を鍛えて行かないといけないんだよね。
瞬時に、浅はかではなく、感情にも流されず、きちんと
それまでの経験やデータに基づいたことから次に
やるべき事を判断することが出来ないといけないのだ。
 
その為には、色んな経験をしておかないのはもちろん
だけど、自分の直感を信じ切って思い切ってプレーする
経験も積んでおかないとね。
自分の直感に疑問持って、結局何も出来なかったって
負け方の方が学ぶべき事は少ない。
自分に対しての信頼感も揺らぐしね。
テニスは情報戦。
そして情報戦はスピード。
直感を磨く為にも、直感を信じ切って失敗する経験も
普段の練習でやりながら、現在の自分の直感力のレベルを
知っておかないといけない。

トラックバック一覧

<< 2017年10月 >>

MONTUEWEDTHUFRISATSUN
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31